ウインドサーフィンスクール

ウインドサーフィンとは

ウィンドサーフィン(Windsurfing)は、セイルボード(以降、略してボード)にセイルを接続した道具を使用し、セイルに受ける風と波による推進力を利用して水面を滑走するウォータースポーツ。ヨットとサーフィンを融合・発展させたスポーツである。ウィンドサーフィンをする人のことをウィンドサーファー(Windsurfer)と言う。

ウインドサーフィンの歴史
ウィンドサーフィンは、1967年にアメリカのカリフォルニアでジム・ドレイク(Jim Drake)とホイル・シュワイツァー(Hoyle Schweitzer)により発明された。当初は、「ボードセイリング」というのがスポーツの名称であったが、2005年にスポーツの中心的組織となるPWA(Professional Windsurfers Association)が発足した以降は「ウィンドサーフィン」がスポーツの正式名称となっている。

ボード上に立ち接続されたセイルを立てて風を受け、水面(海面、湖面、川面等)を走行する滑走艇(反対語;排水艇)である。セイルは子供用 1.0m²から12m²、ボードは幅が約50~110cm、長さが約220~390cmのものがあり、風速と波の状況に応じて各々の使用目的に合った道具を選定する。走行可能な範囲は、ヨットと同じで双方向に風上45度(クローズ・ホールド)~風に対して90度(ウィンド・アビーム)~風下に45度(クウォーター・リー)~90度(ランニング)で、ある程度のスピード(約25Km/h)以上になるとボードが水面に浮き上がって滑走するプレーニングができ、中級者以上になると容易に 50~60km/hくらいのスピードで滑走出来るのが、このスポーツの最大の魅力である。

なお、世界のトッププロにおける最速記録としては、500m間で2008年にフランスのアントワン・アルボー(Antoine Albeau)が49.09kts(90.91km/h)、1海里間で2006年にスイスのビヨン・ダンカーベック(Bjorn Dunkerbeck)が41.14kts(76.19km/h)を計測し、「WSSRC」(World Sailing Speed Record Council)により記録として認定登録されている。

オリンピックにおいては、1984年第23回ロサンゼルス大会からセーリング競技の一種目として登録され、2008年第29回北京大会では「RS:X-Windsurfer」という名称により競技が行われている。オリンピックでは、「One Design」と呼ばれる認定登録された共通の道具により競技が行われるが、第30回ロンドン大会では、Neil Pryde社製のRS:X艇の使用が決定している。

ウインドサーフィンウインドサーフィン